2008年08月21日

戦術って何?

暇つぶしにコンビニで雑誌などを見ているうちに、

横の棚にあった一冊の文庫本のタイトルに惹きつけられました。

「世界の歴史を変えた名将たちの決定的戦術」 松村 劭著(PHP文庫)

古代ペルシャやギリシャからアメリカの南北戦争にいたるまでの、

数多くの歴史的な戦争での戦術や勝敗をきめた要因について解説した本、です。

「歴史上の名将たちがとった戦術の数々をクイズ形式で完全シミュレート」と書かれているのに惹かれ、何かおもしろそう、とついつい買ってしまい・・・



★あなたの応援が心の支え! ⇒ banner_03.gif


★必ずお礼に伺いますね! ⇒


よく、ネットビジネスに戦略が必要、とかしっかり戦術を考えて、とか言われます。
戦略的思考、戦術眼、などについて考えるとき、歴史上の名将たちの考え方や行動は参考になることがあるはず、なんて、まあ買った後から考えたことですが(笑)
買ったときは英雄物語的な軽い読み物だろうと思っていましたので、ちょっとした退屈しのぎ、くらいの気持ちでした(笑)

でもこの本の著者松村劭さんは元自衛隊の陸将補、戦略・戦術研究、情報分析が専門の軍事評論家です。

ですからこの本も、一般人のために分かりやすく娯楽的な要素も加えて書かれているとは言え、物語的な読み物、というよりは本格的な戦術研究のための入門書という側面があって、ちょっと取っつきが悪いかも知れません。

歴史がそれほど好きではないという方にはお勧めできないかも。

まあ、それにビジネス書ではありませんのでネットビジネスにすぐ役に立つ、と言うような物でもありませんし(笑)



ですが、中になるほど、と思う言葉や、これは大事かも知れない、と言うことが幾つかありましたので、ご紹介します。あなたのネットビジネスのために役立つこともあるかも。



◆『古来、名将たちは、ただ一つの戦闘要領を得意技として持ち、それを実行できるように部隊を徹底的に訓練した。このような得意技を、「戦闘ドクトリン」(Combat Doctrine)という。』

不敗の名将とか無敵の軍団と言ってもどんなことでも出来るわけではないのです。
優れた「名将」ほど「ただ一つの戦闘要領を得意技として持ち、それを実行できるように部隊を徹底的に訓練した。」わけです。

逆に言うとこう言った「戦闘ドクトリン」を確立していなければ戦いに勝てるわけがない。戦いに勝つために必要なことは優れた兵器ではなく、ただ一つの得意技を徹底的に訓練できているかどうか、だということです。

あなたの「戦闘ドクトリン」、確立できていますか?



◆『戦術とはなにか。端的に述べれば、次のようにいえる。
「戦術=仕掛け(詭詐)+仕上げ」』
◆『名将たちは、戦場において、巧みな作戦構想で、敵軍を自分の得意技を仕掛けやすい態勢に追いこんだ。』


先に挙げた「戦闘ドクトリン」、つまり徹底的に訓練したただ一つの得意技を有効に使える状況に相手を誘い込み(仕掛け)その得意技で勝利をつかむ(仕上げ)、これが『戦術』と言う物の本質だ、ということです。
ビジネスでは信用が何より大事ですので『詭詐』はいけませんが(笑)
でもあとは全く同じですよね。

「戦闘ドクトリン」を確立し、そのための仕掛けと仕上げに全力を注ぐ。
今、私たちがネットビジネスでやらなければいけないことは、まさしくそれだけ、です。

◆『判断に最も重要なことは「決断するべき時に決断する」ことである。作戦とは決断の連続の所産にほかならない。』

戦争は瞬間の判断にたくさんの命がかかっていますから、決断する事は常に命がけなのです。でもビジネスでも判断に間違いがあれば大きな損失を生むかも知れません。「決断するべき時に決断する」ことは重要ですね。

◆『名将たちの多くは、いつでも創造的なアイデアマンであったわけではない。他人のアイデアを利用するのに巧みであっただけである。』

その時最良の道を選択するためには自分の引き出しの中に色々なものが詰まっていなければ。(そしてそれをいつでもすぐに使えるように整理されていなければ。)
情報に対して敏感なアンテナを持っていたいですね。

◆『戦術学のうち、10中の九までは理論的に明快であり、書物を通して教えられる。しかし最後の10分の一は非論理的で教えられない。』

私たちが色々なマニュアルを手にし忠実に実行しているつもりでもなかなか結果を得られない、というのはこの言葉のとうりなのかも知れません。

最後の10分の一は厳しい訓練と過酷な体験のうちに自然に身体が動くようにならなければいけないこと、なのです。

情報商材から結果を得られない最大の理由もこの訓練と体験の不足なのでしょう。
まあ、こう言ってしまうと身も蓋もない話ではありますが・・・(笑)


◆『そして、軍事史から学ぶ究極的なものは「なにを、いつ、どのように戦うかは、自分で考えよ」である』

(以上引用はすべて「世界の歴史を変えた名将たちの決定的戦術」 松村 劭著(PHP文庫)より)


ところで、今あのUP姉さんが新しい教材を準備しています。教材、というより「塾」ですね。これはさきほど引用した「最後の10分の一は非論理的で教えられない。」と言う部分を解消しようという意欲的で情熱溢れた教材であり塾です。

これからアフィリエイトやその他ネットビジネスに入門しようという方や今までなかなか結果が出せなかった方のために最高のプレゼントです。

しかも価格が・・・、えっ、これほんとに、と言うくらい。まさしく文字どうり「プレゼント」としか言いようのないものです。

興味のある方はまずこちらを覗いてみて下さい。

ネットビジネス超初心者用UP塾

ネットビジネス再スタート用UP塾




今日は長い長い記事になっちゃいました(汗)

最後まで付き合って下さって、ありがとうございます。

少しでもお役に立てたら良いのですが・・・。

それでは、また。



名将たちの決定的戦術 (PHP文庫 ま 31-2)
松村 劭
PHP研究所
売り上げランキング: 26263
おすすめ度の平均: 5.0
5 アレキサンダーが大王になったのは何歳???
5 思考の鍛錬



著者は軍事評論家。戦略・戦術研究、情報分析が専門。元自衛隊陸将補で作戦幕僚、防衛研究所研究員、西部方面総監部防衛部長などを歴任した。

「20万のペルシャ軍をわずか5万の兵力で打ち破ったアレキサンダー大王・ガウガメラの戦い」「歴史に残る最高の名戦闘としてあらゆる戦術史に取り上げられるハンニバル・カンネの殲滅戦」「大艦隊同士が激突、世界史における決定的海戦となったレパントの海戦」「無敵の菱形陣形で2.3倍のプロシャ軍を撃滅したナポレオン・イエナの戦い」など、世界の歴史を決した26の名勝負を鮮やかに再現する。押し寄せる敵兵を前に、あなたは自軍を勝利に導くことができるか。
文庫書き下ろし。



★すてきなブログがいっぱいです !⇒ banner_03.gif

★こちらにも、たくさん気になるブログが・・・ ⇒







posted by mscr at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイター日記
| 楽しく稼ぐ(?)ネットビジネスTOP
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。